保育方針

保育の理念

乳幼児期の「教育と保育」の総合的な提供地域での子育て支援の充実を図る。

保育目標

保育方針

  • 清潔で安全な環境のもと、心身の健康の基礎を培う。
  • こども一人ひとりの気持ちを受け入れ、情緒の安定を図り、豊かな感性と創造性の芽生えを培う。
  • 集団生活の中で主体的に遊び、思考力や公共心を育む。
  • 保護者、地域と連携し、その社会的責任を果たしていく。

施設の目的及び運営の方針

 義務教育及びその後の教育の基礎を培うものとして、満3歳以上のこどもに対する教育並びに保育を必要とするこどもに対する保育を一体的に行い、これらのこどもの健やかな成長が図られるよう適切な環境を与えて、その心身の発達を助長するとともに、保護者に対する子育ての支援を行うことを目的とする。

  • 健康、安全で幸福な生活のために必要な基本的習慣を養い、身体機能の調和発達を図る。
  • 集団生活の中での体験をとおして日々の活動に意欲的に取り組む姿勢を学ぶ。
  • 一人ひとりの子どもの実態をおさえ計画を作成し、見通しをもって総合的な保育、教育を行う。
  • 地域における教育、保育活動を実践するため、地域の人材や社会資源の活用を図りながら、保護者が子育てを自ら実践する力の向上の支援及び地域の子育て家庭に対する支援を行う。
  • 八戸市特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の運営に関する基準を定める条例(平成26年八戸市条例第31号)のほか、子ども・子育て支援法その他関係法令を順守し、施設の運営を行う。